【既往歴:原発性アルドステロン症(治療)】

おはようございます!

岩本康士です!

今日は原発性アルドステロン症のその後についてまとめて終わりたいと思います!

副腎に腫瘍が見つかり、アルドステロンというホルモンがバリバリ出てるよっていうところからでしたね!

そのせいで私は異常な程血圧が上がってしまった訳です。

治すにはどうすればいいのか。

腫瘍のある副腎を取っちゃえば良いのです!

とっても小さな臓器なので内視鏡手術で済むし、入院も一週間とかからないそうなのでまずは安心しました。

ただ、その時期はどこかの大学病院で同じ手術をした人が何人か亡くなってあったので少々不安もありましたが(^^;;

それはさておき、大動脈解離を発症したのは原発性アルドステロン症の診断を受けてから1ヶ月程後のことです。

手術日を決めようとしていた矢先の事でした。

調べてみると、少ないケースではあるものの原発性アルドステロン症から大動脈解離発症というケースもあるようです。

大動脈解離を発症した事で、手術日の見通しが立てづらくなりましたが、大動脈解離発症後の2ヶ月後に無事副腎の摘出手術を受け、一先ずアルドステロン症の治療は終息に向かうのでした!

一応経過観察は必要で今でも3ヶ月に1回は高血圧内科で診察を受けています。

私が大動脈解離があるから必要で、もし、私が大動脈解離でなければ、通院する必要はないだろうと先生はおっしゃっています。

私が経験したことをお話していって、そんな事もあるんだねって気付いてもらえたら嬉しいです。

ありがとうございました^ ^

では、また更新しますね、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です